FC2ブログ

活動再開は秋以降?

新型コロナウィルスと戦っている間にも、自然は猛威を振るい、九州では豪雨による大災害が起きています。
被害にあわれている皆様に心よりのお見舞いを申し上げます。

このような状況でも、ほかの苦難が待ってくれるわけではないのは辛いことです。
難病のお子さんを抱えて、移動にも恐怖を感じながら遠方からかもめのいえに来ていらっしゃるお子さんやご家族もどんなにか不安なことかと思います。

今までであれば、ボランティアさんが部屋をきれいにし、昼食会でお話を伺うなど、お迎えをできたのですが、それもできません。

BMTハウスサポートの会役員から、活動再開は秋以降になるだろうと連絡がありました。

例年7月半ばに開催される東海大学医学部付属病院職員の親交会主催の納涼祭が中止になりました。
焼きそばや茹でジャガイモなど、かもめのいえの屋台は野菜たっぷりでおいしいと評判なのです。近隣の方々が楽しみにしている締めを飾る花火は、20分ほどの短い時間ながら、それはそれは迫力がある見事なものです。

仕方がないことながら、とても残念です。

終息しない限り、活動再開をしても様々な制約が生じると思います。
ボランティアさんの健康状態のチェック、感染防止のための消毒や3密の回避など、患者さんを取り巻くボランティアですから慎重な対応をしなければなりません。
コロナ前という言葉がありますが、同じ生活に戻るには何年が必要なのでしょう。

それでも、人類はきっと前に進む!


癒しの写真を皆様に。

Oさんからの写真

BMTハウスサポートの会会報「にじのいえ通信」の先々代編集長Oさんは、コカリナ演奏、野鳥撮影と腕前がどれも玄人はだしの方でした。
メールのやり取りのたびに野鳥の写真を送ってくださいました。PCの壁紙に使わせていただいて、新しい写真をいただくたびに更新していました。鬼籍に入られ、もう新しい写真を送っていただくことはできません。保存してあるものの中からお気に入りの1枚を。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かもめのいえ

Author:かもめのいえ
BMTハウスサポートの会は東海大学医学部付属病院敷地内にある患者・家族滞在施設「かもめのいえ」を運営しているボランティア団体です。
病院近くの第2の我が家を目指し、滞在する皆様が経済的な負担の少ない施設で治療に専念できるようお手伝いしています。
日々の活動をお伝えします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR